自己流・和歌

2002年5月26日、雷鳴轟く午後7時17分・・・
五代教会長・太田 淳先生はご帰幽になられました。

故教会長は、3年間に、一日に約30首の和歌を詠われておられました。

そして、ご帰幽される2日前まで詠われ、膨大な数の和歌を遺されました。

1首更新

2003年02月03日 (月)
自己流和歌671

上記・和歌は、五代先生が、
2002年2月3日 日曜日(雨)
に詠まれたものです。